足場販売は信和純正のクサビ式足場信和キャッチャーを最大69%オフで販売

足場の施工・リース会社で起業したい

足場繁売.comでは、独立開業や新規事業としてし足場工事業を始める、企業(個人事業主含む)を応援しております。足場工事業は、顧客の数と施工体制(職人の数)、足場部材の量のバランスが重要になります。
部材は、耐久性のある信頼できるメーカーの部材を使用し、回転率をあげることが大切です。理想は、工期の短いリフォーム7に対し新築3の割合と言われます。

・足場工事業を始める主なケース

①足場職人として勤め、独立開業するケース
②足場部材を持たず、足場工事業で起業しているケース
③主に足場部材はレンタルし、足場工事業を営業している
④自社工事用に足場を所有していたが、足場工事業を新規事業として拡大させるケース

おすすめの足場材セット商品

  • 信和製Aタイプ
  • 信和製Bタイプ
  • 2類メッシュシート

・足場部材の選定:AタイプBタイプどちらにする?

基本的にこれから起業するケースであっても足場部材のタイプは既に決まっていると思います。但し、これから始めるのであれば部材はAタイプかBタイプのいずれでお選びください。仮にCタイプを所有してい場合は、A又はBタイプに切り替えることをオススメします。

Aタイプが好まれるポイント
・オーソドックスな構造で足場の部材点数が少なく組める
・購入はもちろん、中古で流通量やレンタル業者数などが多い
・Bタイプに比べて販売価格が安い
・現場での盛替えがやり易い。
Bタイプが好まれるポイント
・踏板から踏板迄の高さが基本1900mmあり、作業がやり易い
・2層目の高さが3800mmあるため、2層で済む住宅も多い
・部材の種類が多く、建物の形状や敷地状況に合わせ易い。

おすすめの1棟分セット商品

  • 信和Aタイプ1棟分3層×5スパン×6スパン
  • 信和Aタイプ1棟分3層400幅陸屋根タイプ
  • 信和Aタイプ1棟分3層250幅陸屋根タイプ
  • 信和Bタイプ1棟分踏板400幅
  • 信和Bタイプ1棟分3層400幅陸屋根タイプ
  • 信和Aタイプ1棟分3層240幅陸屋根タイプ
  • 注目ポイント

・足場材購入の資金調達について

ご存知の場合も多いと思いますが、「日本政策金融公庫」では、起業される方に低利で融資をしてくれる制度があります。例えば、以下のいずれかの条件に該当する場合は、最高7,200万円まで融資を受けられる可能性があります。

1.現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
(1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
(2)現在お勤めしている企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

2.大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
3.技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
4.雇用の創出を伴う事業を始める方
5.1~4のいずれかを満たして事業を始めた方で、事業開始後おおむね5年以内の方
※日本政策金融公庫のホームページより抜粋

これから起業する方はもちろん、開業後も5年以内であれば融資の条件に該当しますので相談に行ってみてはいかがでしょうか。 日本政策金融公庫のホームページには、詳しく情報が掲載されています。詳しくは日本政策金融公庫のホームページをご覧ください。

・ローンによる足場材購入について

足場部材を分割払いで購入をお考えの場合は、大手信販会社を利用したローンをご利用いただけます。実質年率7.8%、最高1,000万円、最長7年(84回)払いが可能です。月々支払額のシュミレーション等、詳しくは、「ローン購入について」のページご覧ください。